10分で出来る検索順位を上げる方法【初心者向けSEO】共起語とキーワード比率って

 

 

 

・検索順位が上がらない

・記事がインデックスされない

・検索流入が少ない

 

 

と、お悩みの方に、本記事では10分程度の作業google検索順位がちょっとだけ上げる方法をブログ初心者向けにご紹介したいと思います

 

 

なお注意して頂きたいのは「初心者向け」という点ですので、あしからず

 

 

 

 

 

ブログ内で紹介しているおすすめのアプリです【漫画アプリ、ゲームアプリ、ライブ配信アプリ、オンクレ、マッチング、稼げるアプリなど】

 

 

 

検索結果にインデックスされるまで

ブログを開設してgoogleの検索エンジンからアクセスが増えるにはだいたい3カ月ぐらいは時間がかかるというのをよく耳にします

 

 

当ブログは開設から3ヶ月ほど経過し約40記事ぐらい書いたところで自分のブログが検索にインデックスされているかを遅ればせながら確認したところ、なぜか8記事しか検索表示されていないという事実が判明しました

 

 

そういうものなのか、と思っていたんですが、よく考えると初月で2ヶ月で収益を上げている人はどうやって?という疑問が残ります

 

 

そもそも立ち上げたばかりの弱小ブログはドメイン力も無く上位にも行けない、サイトマップを送信してクローラーを呼んでも評価が低いから後回し、インデックスを促進させるプラグインなんかを入れてみてもダメで

 

 

では、どうすればPVが増えるのか、みんな何をしてGoogleから検索流入させているのかを調べたところ、答えは

 

 

URL検査が必要とのこと

 

 

URL検査とは

URL検査はGoogleが提供しているSearch Consoleの機能の一つで、書いた記事をすぐに検索エンジンに登録したい時に「インデックス登録をリクエストする」ことで検索結果に表示させることができる機能です

 

 

このインデックス登録をリクエストするボタンを押すと早い時には即時、遅くても2〜3日で検索にインデックスさせることができます

 

 

検索エンジンに早く登録させるにはURL検査は必須です。クローラーを待って、いつかインデックスされるだろうと放っておくいつまで経っても検索されないという事態が起こるので注意して下さい

 

 

一日どれぐらい使えるのかと言いますと、一日で30記事くらいは使えます。あまりやり過ぎるとエラーになりますが、特に問題はありません。1〜2日すると使えるようになります

 

 

同じ記事の通知は多くても1日に2〜3回にしておいた方がいいかもしれませんね。あまり変更がインデックスに反映されず順位も変わりません

 

 

検索エンジンで自分のサイトがインデックスされているかを確認する方法は

 

site:ドメイン名

 

 

当ブログですと【site:earn-life.com】

これをコピペしてGoogleの検索にかけると自分のブログが検索結果にインデックスされているかどうかが確認できます

 

 

公開している記事を修正した場合でもその都度個別にリクエストしていきましょう

 

 

よく言われるSEO対策

よく上位表示させるためのSEO対策で有効とされる項目は次の通り、ユーザーにもクローラーにも最適な施策が求められます

 

 

  • サイトをSSL化する
  • タイトルキーワードを左詰め
  • 見出しにキーワードを入れる
  • 内部テキストリンクの設置
  • パンくずリストの設置
  • パーマリンクの設定
  • 被リンクの獲得
  • 表示速度の改善 
  • サイトマップ送信 
  • 画像のAlt属性の設定
  • メタディスクリプションの設定

 

 

難しいのがキーワード選定です。選んだキーワードをどこに入れるかということ、キーワードは次の4つに入れましょう

 

 

 ・タイトル

 ・メタディスクリプション

 ・見出し

 ・本文

 

 

そして一番重要なのがタイトルのキーワード選定、キーワードツールを使い検索ボリュームなども調べてキーワードを選びます

 

 

無料で使えるキーワードツール

 

 

 

しかし、普段検索エンジンでキーワードを入れて検索していて少し気になるのは

 

上位表示されている記事のタイトルにキーワードが入っていない

 

ということ、よく見るとh2でもなく本文(スニペット要約文)に入っていることが多いんですね

 

 

そこでキーワードを拾ってくれるのであれば文字数制限も無く入れやすいですし、より多くのキーワードで流入が見込めます

 

 

あとタイトルにキーワードを詰め込み過ぎるのはGoogleからの評価が下がるため良くはありません。そもそも文字数が限られていて入らないですよね

 

 

 

なので本文にキーワードを入れていきます

 

 

具体的に私がやったことはキーワードツールを使用してキーワードや検索ボリュームなどを調べて、ボリュームの多いキーワードはもちろん、あまり使っていないキーワードもピックアップ

 

 

本文にキーワードを自然な文章になるよう適度に詰め込んで、URL検査

 

 

そして試してみたところ8位だったものが4位に上がっていました(微妙に上がった)

 

 

 

更新の日時も関係するのかも知れませんし、一時的に上がっただけなのかも知れませんが

 

 

今のところ本文にキーワードを(適度に)含めてURL検査を行うと順位が上がり、キーワードが増えた分少しだけ流入も増えるといった結果に繋がっています

 

 

もちろんタイトルや見出しのキーワード選定は最重要で、本文にも適度に入れておく必要があるということですね

 

 

今まであまり気にしたことなかった方は、本文中にキーワードや共起語を含めるとSEO効果が期待できます

 

 

 

 

共起語を入れる

キーワードと同時に含めると良いとされているのが共起語

 

 

共起語とは
キーワードに対して関連性の高い頻繁に出てくるワードのことで
例えば、
「コーヒー」に関連するワードは「焙煎」「ブラック」「微糖」「エスプレッソ」などになります

 

 

こちらもSEO的に有効とされ記事に共起語を含めることで、より豊かなコンテンツとなりユーザーのニーズを捉えるため、Googleからの評価も高まるとされています

 

 

なので、なるべくキーワードとともに共起語も含めて自然な文章になるように記事を作成しましょう

 

 

【共起語抽出ツール】

https://neoinspire.net/cooccur/

 

 

キーワード比率って

キーワード比率は本文に含まれるキーワードの比率のこと

 

 

昔は本文中にキーワードを詰め込んでいれば検索にかかっていたそうですが、そのうち文字数に対しておおよそ5%がベストとされ、最近では本文中のキーワード比率は検索順位に大きく影響しないとされています

 

 

大きく影響しないということなので5%も必要なく、共起語と共に適度に入れていくと良いということですね

 

 

【キーワード比率を調べるツール】

http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

https://funmaker.jp/seo/funkeyrating/

 

 

 

まとめ

以上、初心者向けに10分で検索順位を上げる方法をご紹介しました

 

 

ロングテールキーワードとビッグキーワードではロングテールキーワードの方がCVRコンバージョン率が高いとされています。記事内容に合った複合キーワードを狙って、地道に検索1ページ目を目指しましょう

 

 

 

おすすめの記事