女性向け脱毛器おすすめ6選 安いのは?VIO対応、日本製の光美容器

 

脱毛サロンに通いたいけど「あまりお金もかけられない」と、ムダ毛の処理に日々悩まれている方も多いのではないでしょうか

 

そんな時に自宅にいながら手軽に脱毛ができる家庭用脱毛器。最近では優れた製品も多く高い効果が実感できると若い世代でも利用される方が多くなりました

 

今回はそんな簡単ホームケアができる日本製の家庭用脱毛器女性向けをご紹介したいと思います 

 

美容担当
とっておきの脱毛器をご紹介しちゃいます

 

 

 

女性向け脱毛器おすすめ6選 安いのは?

今回ご紹介するのはこちらの6つ。では順番に見ていきましょう

 

 

  • HOMESTLASSH 
  • SSCエピフォトスキンケアプロ
  • Datsumo Labo Home Edition 2
  • ケノン
  • フォトEPC
  • CLEAR/SP BiiTo 2

 

 

HOME STLASSH

HOMESTLASSH

HOME STLASSHは脱毛サロン「STLASSH」から発売されている家庭脱毛器、「ムダ毛ケア」「美肌ケア」と2つのモードを搭載しており「回転ヘッド機能」と他にはないオリジナリティのある脱毛器です。

 

回転ヘッド機能が搭載しているので、自身では脱毛しにくい背中やVIOも楽にケアできる特徴を持っています。

 

5℃まで冷える冷却機能や40万発の照射回数、カートリッジ不要など紛失や追加購入の心配がなく、とにかく楽に脱毛できる家庭脱毛器を探している人におすすめです。

 

回転ヘッド機能で体が女性よりも固いといわれている男性にもおすすめです。

 

公式サイト

 

 

 

SSCエピフォトスキンケアプロ

 

SSCエピフォトスキンケアプロは人気脱毛サロンのミュゼから発売されているオリジナルの脱毛器になります。

 

累計販売台数20万台を超え、脱毛サロン品質の光脱毛器として人気や実績とともに多くの方に選ばれています。

 

フォトスキンケアとしても脱毛器としても使用できるほか「安心の5年保証」「痛み軽減の冷却機能」も人気の理由の一つです。

 

たとえ全ての照射回数を終えたとしても5年保証のサポート(会員登録が条件)により無償交換できるので継続的に使用を続けていく方にとってはコスパも高い家庭脱毛器になります。

 

公式サイト

 

 

 

Datsumo Labo Home Edition 2

 

Datsumo Labo Home Edition 2は脱毛実績60万人、全国50店舗を持つ脱毛サロンである脱毛ラボが手掛けている家庭脱毛器です。

 

脱毛を知り尽くした脱毛のプロがサロンのクオリティを再現し、脱毛ラボのサロンを超えるパワーを兼ね備え、約20万台売り上げた初代Datsumo Labo Home Editionよりも「照射パワー」「冷却機能」「照射回数」「美肌効果」などパワーアップした特徴を持っています。

 

高い知名度を誇り、ネームバリューがある脱毛器を購入したいと考えている人におすすめです。 

 

公式サイト

 

 

ケノン

ケノン

ケノンは言わずと知れた「家庭脱毛器ナンバーワン」の脱毛器です。

 

レビュー数も15万件を超え、楽天市場でナンバーワンのレビュー数を誇ります。口コミだけではなく多くのインフルエンサーの方も紹介するほど人気の脱毛器になります。

 

「照射回数」「脱毛のパワー」「カートリッジの豊富さ」などケノンにしかない魅力が沢山あります。

 

女性だけでなく男性の太く濃い毛でも十分の効果を発揮するといわれているので特に男性の方におすすめです。

 

公式サイト

 

 

フォトEPC

 

フォトEPCは「エステ生まれの脱毛&美顔器」であり、一台2役の光美容器になっています。

 

大人の女性が求める脱毛器になっており、「軽く重い脱毛器は嫌」「時間を掛けたくない」「面倒な操作はしたくない」といった要望に応えた脱毛器になっています。

 

脱毛と美顔ケアを合わせて使用できる脱毛器になっており、顔も含めて全身滑らかで引き締まった肌に導く特徴があります。

 

一応女性向けの脱毛器となっていますが、男性でも脱毛と美顔ケアを合わせて使用したいと考えてる方にはおすすめです。

 

公式サイト

 

 

 

CLEAR/SP BiiTo 2

CLEAR/SP BiiTo 2は業務用脱毛メーカーが開発した「総合美容機器」になります。

 

エステ級の最新光美容機器であり「ムダ毛ケアフィルター」「潤いハリツヤフィルター」「肌荒れ防止フィルター」など脱毛以外にも、美肌ハリケア機能や肌荒れ防止機能などお肌の美容器として使用する事が出来ます。

 

最新のTHR方式をベースにしており、細い毛から太く濃い毛まで可能であり、男性にもおすすめできる脱毛器です。

 

誤照射防止、肌色感知、自動オフなど必要な機能も十分に備えています。

個人利用で購入を検討されている方は、全国の販売店(美容室やエステサロン)にて問合せする必要があるので注意しましょう。

 

公式サイト

 

 

 

脱毛器の選び方

家庭用脱毛器を選ぶ際に見るべきポイントはたくさんありますが、出来るだけ安く脱毛器を購入したいですよね。

 

性能なども非常に重要なポイントになっていきますが、まずは金額から見ていきたいと思います

 

今回紹介する脱毛器の価格比較はこのような感じ

 

HOMESTLASSH

58,246円(税込)

SSCエピフォトスキンケアプロ

79,200円(税込)セット売り

Datsumo Labo Home Edition 2

71,478円(税込)

ケノン

69,800円(税込)

フォトEPC

52,360円(税込)

CLEAR/SP BiiTo 2

44,000円(税込)

 

金額のみ見てみるとCLEAR/SP BiiTo 2が一番安いので、金額を重視している女性には一番おすすめになります。

 

金額以外にも選ぶ際のポイントはいくつかあるので、それぞれ比較してみていきましょう。

 

 

顔、VIO脱毛対応

家庭用脱毛器を選ぶ際のポイントとして「顔・VIO」に対応しているかどうかが非常に重要になってきます。

 

表にして各脱毛器を見ていきましょう。

 

HOMESTLASSH

顔VIO◎

SSCエピフォトスキンケアプロ

顔VIO◎

Datsumo Labo Home Edition 2

顔VIO◎

ケノン

顔VIO◎

フォトEPC

顔VIO◎

CLEAR/SP BiiTo 2

顔VIO◎

 

今回紹介している脱毛器は全て「顔・VIO」に対応しています。デリケート部分の脱毛の目的で購入を考えている人は安心です。

 

ただ、全ての脱毛器が「顔・VIO」対応だったとしても出力によって肌トラブルを起こしてしまう可能性も十分あるので、使用する際には出力レベルをみて使用するのが大切になります。

 

「顔・VIO」脱毛は毛が濃く痛みを伴う箇所ですので段々とレベルに合わせ行う様にしましょう。

 

 

脱毛方式

今回紹介している脱毛器はすべて光脱毛となっていますが、各脱毛器によって細かい方式が異なるので見ていきましょう。

 

HOMESTLASSH

記載なし

SSCエピフォトスキンケアプロ

SSR方式

Datsumo Labo Home Edition 2

記載なし

ケノン

USPL方式

フォトEPC

IPL方式

CLEAR/SP BiiTo 2

THR方式

 

光脱毛は一般的にIPL方式とTHR方式(今回はIPL方式とTHR方式のみ)に分けられることが多いです。

 

IPL方式は肌の表面の毛(メラニン色素・黒色)に反応する特徴を持ち、THR方式は肌の表面に加え肌内部に光が浸透し細い毛や濃い毛にまで脱毛効果があるという特徴があります。

 

IPL方式は黒い表面の毛に反応し効果を実感しやすい反面、痛みを伴うデメリットもあります。多くの家庭脱毛器はIPL方式になっています。

 

THR方式は内部まで光が届くので毛の太さ関係なくケアすることができ、強い刺激が少なく肌への負担も優しいです。しかし即効的な効果を感じづらく男性よりも女性向きです。

 

自分に合った方式で選んでいきましょう。

 

 

照射範囲

脱毛器の購入にあたっては照射する範囲も選ぶ上でのポイントになります。照射範囲の広いものの方が早く照射できショット数も少なくて済みます

 

では各脱毛器の比較を見ていきましょう。

 

HOMESTLASSH

記載なし

SSCエピフォトスキンケアプロ

記載なし

Datsumo Labo Home Edition 2

記載なし

ケノン

3.5㎝×2㎝

フォトEPC

130㎜×30㎜

CLEAR/SP BiiTo 2

記載なし(通常大サイズ) 小は2㎝²

 

フォトEPCとケノン以外、照射範囲の記載はなく不明です。

 

照射範囲は狭いとそれだけ時間も回数もかかるため大きめのものを選ぶとよいでしょう

 

 

カートリッジ交換

脱毛器にカートリッジが備え付けられ、照射パワーや回数など各カートリッジによって異なるので脱毛器を選ぶ際の重要なポイントになります。

 

比較してみていきましょう。

 

HOMESTLASSH

本体のみ

SSCエピフォトスキンケアプロ

交換可能

Datsumo Labo Home Edition 2

本体のみ

ケノン

交換可能

フォトEPC

本体のみ

CLEAR/SP BiiTo 2

交換可能

 

長く脱毛器を使用したいのか、軽いケアのみで脱毛器を使用したいのかによってもどちらがおすすめなのかは異なっていきます。

 

例えばカートリッジ交換ができない脱毛器の場合は照射回数が無くなると本体ごと買い替える必要があるので、長期的に使用する方はカートリッジ交換ができる脱毛器の方がコスパの良くおすすめです。

 

もちろん照射回数が多い脱毛器であれば本体のみの脱毛器でも問題ありません。

 

自分の使用目的によっても決めていきましょう。

 

照射回数も掲載しておきます

 

HOMESTLASSH

40万回

SSCエピフォトスキンケアプロ

30万回

Datsumo Labo Home Edition 2

記載なし

ケノン

50万回〜300万回

フォトEPC

30万回〜40万回

CLEAR/SP BiiTo 2

35万回

 

 

結局どれがおすすめ?

価格の高いもの安いもの様々ありますが結局のところおすすめはこの2つです

 

 

特典が嬉しい

「HOME STLASSH」

 

 

売れ筋常にナンバー1

 「ケノン」

 

 

その他、こちらも嬉しい特典付きの

「SSCエピフォトスキンケアプロ」

 

 

脱毛器は年々進化していてコスパの良いものや冷却など機能性にも優れた商品が多くなっています

 

特にカートリッジ交換できるものは長く使える製品だと思うので長期的視点で、さらに自分への投資として購入を検討してみてはいかがでしょうか

 

 

まとめ

以上、女性向け脱毛器をご紹介しました

 

今回ご紹介した脱毛器は女性向けといっても男性でも利用できるものもも多いので是非親子や夫婦での共用も含めて使用してみてください。

 

購入はちょっとという方はレンタルも是非