ホラー漫画おすすめ人気ランキング13選【トラウマ注意】スプラッターサイコホラー

 

 

目を覆いたくなるような残酷な描写が脳裏から離れなくなるホラー漫画。

 

怖いもの見たさでページを開くとついつい読む手が止まらなくなってしまうので心臓の弱い方は注意してください。

 

今回はそんなハラハラドキドキ体験が味わえるのホラー漫画のおすすめをご紹介します

 

 

電子書籍なら初回クーポン割引でお得に

ebookjapan 50%OFF
Amebaマンガ  40%OFF

 

 

本当に怖いサイコホラー漫画おすすめ13選

東京喰種

 

東京には、ある一つの絶望が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種」と呼ぶ。青年が怪人に邂逅したとき、数奇な運命が廻り始める。「喰種」の内臓を移植され、怪人へと近づいてゆくカネキ。

 

葛藤の中、「あんていく」で働くことを決意したカネキの前に、「白鳩」と呼ばれる喰種捜査官が現れる。天敵は貪欲に、狡猾に、「喰種」に迫っていた…!異色の世界観と絵の美しさは必見で、ホラーの枠を超え昇華した至極のサイコホラー作品。

 

 

食糧人類

 

ある日、高校生の伊江とカズの2人はバスで帰宅する途中に、車中に催眠ガスを撒かれて拉致されてしまう。目が覚めると、そこは人間が大量に敷き詰められたトラックの上。辺りには冷凍された裸の人間が並び、生きた人間達によって解体されていた。

 

ここは一体どこなのだろうか?この地獄から脱出する術はあるのか?『アポカリプスの砦』のコンビが挑む、人類生存を賭けた食物連鎖パニック。絶望的な状況からどうやって脱出するのか、ハラハラする展開にページを読む手が止まらない。

 

 

鬼畜島

 

M大学の廃墟研究サークルに属する6名は、無人島といわれる「菊池島」を訪れ、そこで豚の頭皮を被った怪物に遭遇する。地図に存在しない島、隠れキリシタンの末裔、十字架に磔にされた無数のミイラ達…。

 

絶海の孤島に猟奇殺人鬼と共に閉じ込められた極限の状況下で血と絶望のサバイバルが始まった!ホラー映画のようなスリル感と不気味で先の読めない展開にどんどんと引きずり込まれる。

 

 

切子

 

17年ぶりに集まった中学の同級生6人。母校で行われた同窓会が惨劇の場と化すとは、そのときは誰も思わなかった…。差出人不明の案内状には当時亡くなった同級生・奥村切子の17回忌を前に、彼女との思い出を皆で語り合おうと書かれてあった。

 

幹事の到着が遅れているものの、思い出話に花が咲く面々。そのとき、事件は起こる…。正体不明の異形女子が圧倒的殺意で襲い来る呪殺系ホラーの傑作!人間の内面を描いたリアルな描写は必見で、作品の気味悪さに拍車をかける。

 

 

亜人

 

「亜人」と呼ばれるその生物は決して死ぬ事は無い。高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返る。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。

 

圭をとりまく環境は一変した。友人のカイは、怯える圭を助けるために駆けつけ、ふたりで人里を離れて山の中に逃げ込んだ。そんな彼に人間と敵対する亜人たちが接触してくる。彼は何と戦い、誰と生きればいいんだろう?死なないことによる人間の内側の醜い部分を描いた骨太作品。

 

異骸

 

幼馴染のくるみに想いを寄せるアキラに梅澤に想いを寄せるくるみ、そして、アキラのことを大切に想う梅澤。3人の高校生活は、部活に恋に、幸せに過ぎていくはずだった…。

 

しかし、突如一部の生徒が人を喰うゾンビに変化し、周囲の人々を襲い始めたのだ。ゾンビと化したくるみに襲われ、窮地に陥るアキラだったが、くるみが正気を取り戻し…。混乱を極める学園に光はあるのか?迫力のある絵のタッチと成長するキャラクター達から目が離せない。

 

 

喰猟教室

 

ある夜、浦谷翔は奇妙な生き物が人を喰う場面を目撃してしまう。化け物に気づかれ、喰われると思った瞬間に気を失ってしまった。翌朝、目を覚ますと自分の部屋にいた翔は、夢なのか現実なのか半信半疑のまま学校へ向かう。

 

すると、教室の黒板に「このクラスには人を喰う化け物がいる」という貼り紙があり…。一人、また一人とクラスメイトが消えてゆく、ホラーサスペンスが堂々と開幕!人喰いは一体誰なのか、予想のできない展開にページを読む手が止まらない。

 

 

カラダ探し

 

友人の遥から「私のカラダを探して」と依頼された明日香。それは、学校に伝わる「赤い人」の怪談を予感させるものだった…。早くすべてのカラダを見つけなければ、永遠に同じ日が繰り返され、何度も「赤い人」に殺されると言うのだが…。

 

絵のタッチ、ストーリー共にクオリティが高く、王道ホラーでありながらもスリル感は半端なく面白い。怖くて何度も読めないが、面白くて何度も読みたくなる、そんな作品。

 

 

天空侵犯

 

「私は学校にいたはずなのに…」女子高生ゆりがいつの間にかいた場所は、超高層ビルの屋上。目の前では、仮面をかぶった男が斧で人を殺していた。どうやらこれは、夢や幻ではなく現実の世界。

 

仮面の男に追われながらも、出口を探してビル内を逃げるゆりが目にしたのは「地上に降りる事はできない」と書かれた看板だった…。ゆりのサバイバルが今始まる!ハラハラドキドキの展開と徐々に解き明かされていく謎に引き込まれること間違いなし。

 

 

白異本

 

黒い数珠が切れると人が死ぬ。死者の集まる謎の新興住宅地。水子の霊に憑りつかれた男の末路。絶対に見てはいけないスナッフビデオの闇。これらの物語は、実際に起きた恐怖体験である。

 

心霊…都市伝説…オカルト…呪われた「禁忌の物語」が今放たれる!科学では解明できない真の怪談話を体験できる。本当にあったかどうかは定かではないが、絵の恐ろしさと怪談の怖さにゾッとする。

 

 

クダンノゴトシ

 

卒業旅行帰りの大学生7人が事故で轢いてしまった、異形の何か。その出遭いこそが、悪夢の始まりだった。前途洋々だったはずの若者達に、突如下される余命7日間の宣告。

 

逃れる術は無いのか?ページをめくればめくるほど恐怖が止まらない戦慄の異形ホラー!不気味な絵のタッチに散りばめられた伏線、先の読めない展開は必見で、ページを読む手が止まらなくなる作品。

 

 

屍囚獄

 

大学レポートの作成のため、人口僅か43人の寒村を訪れた6人の女子大生。古くから謎めいた風習が残るその村は、過去50年にわたって女が一人も生まれてこない奇妙な土地だった。

 

到着して早々、猟奇的殺人に巻き込まれた彼女達は、脱出不可能な村でやがて極限の恐怖と絶望を味わうことになる…。血と腐臭にまみれた空前絶後のサスペンスホラーがここに開幕!伏線の張り方や人物の心の描写の描き方が見事で、良質なホラー作品。

 

 

パンプキンナイト

 

女子高生・中谷明日美は、SNSで「パンプキンナイト」という見知らぬアカウントからフォローされる。『中谷明日美コロス』というメッセージが届いた直後にカボチャのマスクを被った殺人鬼に襲われ、惨死する。

 

そして偶然、明日美と通話していた和也にも死の宣告が突きつけられ…。狙われたら最後、誰も逃れられない凄惨なる復讐劇が始まる!イジメ、SNSのリアルな風潮の描き方、グロテスクな描写は圧巻で、若者には特にオススメな作品。

 

 

まとめ

以上、ホラー漫画のおすすめをご紹介しました

 

ハマると病みつきになってしまうホラー漫画ですが、あまり最初からハードなものを見てしまうとトラウマになってしまうことがあります。

 

今回ご紹介した以外にもソフトなホラー漫画も沢山ありますので是非ebookjapanやAmebaマンガなどの電子書籍ストアで試し読みしてみてからご購入ください