MataMaskメタマスクとは?始め方と使い方!入金送金方法を解説【ウォレット】

 

 

皆さんはMetaMask(メタマスク)を使っていますか?

 

筆者もSTEPNやAgletなどのNFTゲームをやるためにMetamaskを使っています

 

このようにNFTゲームをやりたいなと思ったり海外取引所でしか取扱がない仮想通貨を入手したい場合には、MetaMaskのようなウォレットアプリを入れておくと役に立ちます。

 

今回はとても便利なMetaMaskの始め方と使い方を解説していきたいと思います。

 

 

ウォレットアプリとは

ウォレットアプリはAppStoreやGoogleChromeのストアで入手できるウォレット機能を持ち合わせたアプリケーションのこと

 

ウォレットというのは要するにお財布と一緒で、仮想通貨を貯めておくためのものです。

 

皆さんも実生活でお金を銀行に預けたり逆に財布におろしたりといったことはよくすると思います。

 

それと同じで、仮想通貨は取引所に預けたり、ウォレットにおろしたりできるのです。

 

このような点においては仮想通貨も実際のお金と同じような扱いですね。

 

今回は数あるウォレットの中でも特にNFTゲームをやるのにオススメなMetaMaskの始め方とその使い方を解説していきたいと思います。

 

 

MetaMaskメタマスクとは

MetaMaskは、GoogleChromeというお馴染みのブラウザ上で機能するウォレットであるという点です。

 

皆さんはGoogleChromeの拡張機能を使ったことがありますでしょうか?

 

拡張機能を入れると、GoogleChromeを起動している間いつでも自動でその機能が使えるようになるのです。

 

例えばNFTゲームをやるときは、自分のChromeStoreでMetaMaskを予め入れた状態でいけば、特に何か手続きをしなくても自動でMetaMaskとNFTゲームで連携してくれる場合もあり非常に便利です。

 

ちなみに最近はアプリ版もリリースされたので、手持ちの携帯端末で気軽にやりたいという方にはそちらもオススメとなっております。

 

また、MetaMaskは仮想通貨を保管するだけでなく、イーサリアムブロックチェーン上で機能するNFTそのものも保管することが出来るため需要が急増しています。

 

コインチェックなどの取引所にもウォレット機能はついているのですが、NFTを保管するというサービスには対応していないので、コインチェックですでにウォレットを作っているという方も、MetaMaskで別のウォレットを作った方がいいです。

 

コインチェックにまだ登録をしていないという方はこちらのリンクから登録できます。

 

 

コインチェックで口座開設↓↓

口座開設、入金方法はこちらの記事で

  

 

 

MetaMaskは海外のものですが、すべて日本語で表示することができ日本語対応も行っているので日本人ユーザーにとっても使いやすいウォレットとなっています。

 

もちろん日本の仮想通貨ウォレットもたくさんあるのですが、海外の取引所でしか取り扱いのない仮想通貨も預けることが出来るという点でMetaMaskは重要性が高いです。

 

特に最近のNFTゲームはそのNFTゲーム内の独自の仮想通貨が必要になってくる場合が多いため、MetaMaskの必要性が非常に高いです。

 

 

メタマスクの始め方

MetaMaskブラウザ版

MetaMaskはChromeStoreで入手可能なので、まずChromeを開いて、MetaMaskと入れて検索するとChromeStoreでのMetaMaskのダウンロードページが出てきます。

 

 

 

あとはそのページを開いて、ダウンロードボタンを押すだけです。

 

この画像上ではもうMetaMaskをダウンロードしているのでCHROMEから削除しますというボタンになっていますが、本来はそこを押してすぐダウンロードできます。

 

ダウンロードできたら、自分のログインパスワードを登録するだけで使用が可能になるので非常に簡単に始めることができます。

 

 

MetaMaskアプリ版

アプリ版もブラウザ版と同様、簡単に始めることができます。

 

AppStoreでMetaMaskと検索(ちなみにメタマスクとカタカナで検索しても一番上に出てきます)すると一番上に表示される狐の顔のアイコンのアプリがあると思うので、それをクリックします。

 

 

ダウンロードしてアプリを開くとこのような画面になるので、下の開始ボタンを押します。

 

 

 

開始ボタンを押した後は以下のような画面になり、すでにブラウザ版で始めた人は「秘密のリカバリーフレーズを使用してインポートします」のところから連携でき、今回アプリで初めてMetaMaskをやるよという人は新規ウォレットを作成から新しく始められます。

 

 

 

 

メタマスクの使い方

MetaMaskをひとたびダウンロードしてしまえば、自動的に自分のMetaMaskのアドレスが設定されるので、ダウンロードして自分のパスワードの登録が終わったら即座に入金、送金が可能となります。

 

NFTゲームなどをやる際にはそのゲームの独自の仮想通貨を購入するためにMetaMaskに元手となるビットコインやイーサリアムなどを送金する必要があります。

 

元手となる仮想通貨は国内取引所であるコインチェックで購入できます。

 

コインチェックは国内の仮想通貨取引所アプリのダウンロード数が日本一で非常に人気です。

 

2018年に一度NEMの流出事件がありましたが、その事件以来セキュリティ体制を強化し、今では顧客の信頼度も回復しています。 

 

ちなみにNEMの流出事件での被害総額580億円相当は全て顧客に対して補償され、その対応の迅速さは当時のメディアでも賞賛を浴びました。

 

コインチェックの登録はこちらのリンクから出来るので、もしよろしければ登録してみてください。

 

 

コインチェックで口座開設↓↓

口座開設、入金方法はこちらの記事で

 

 

メタマスクの入金と送金方法

基本的にどの仮想通貨ウォレットも、入金する際にはそのウォレットのアドレスが必要になり、MetaMaskも例外ではありません。

 

自分のアドレスの見方は非常にシンプルで、下の画像を見ていただけると分かると思いますが、ホーム画面の一番上の真ん中に表示されているのでこれをクリックするだけです。

 

 

 

例えばイーサリアム(ETH)を入金したい際には、ETHの送金先アドレスの欄にこれを張り付けるだけで大丈夫です。

 

送金するときは画面中央右から二番目の送金ボタンからできます。

 

 

メタマスクのメリットは

MetaMaskのメリットとしては、ひとたびMetaMaskを入れてしまえばNFTを保管することができるという点と、海外取引所でしか扱いのないトークンの入手が非常に楽になるといった点かと思います。

 

NFTゲームの種類によっては面倒な送金の手続きなどもすべてゲームと連動して行えるので、画面の案内に従っているだけで簡単にブロックチェーンゲームのアイテムが買えたり、非常に利便性が高いです。

 

今流行しているNFTゲームのほとんどは始める時に独自の仮想通貨が必要になるため、それらを購入するためにはMetaMaskが必要になるケースが多いです。 

 

NFTゲームの独自の仮想通貨はいわゆる草コイン、アルトコインなどと呼ばれるもので、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨と違い国内取引所で取り扱っているものがほとんどないのが現状です。

 

取り扱っている仮想通貨の種類が豊富なMetaMaskはNFTゲームのプレイヤーにとっては必須のツールと言えるでしょう。

 

 

まとめ

以上、メタマスクの使い方をご紹介しました

 

これから仮想通貨を始めようと思ってくださった読者の方は、まずコインチェックに登録して仮想通貨を購入してみましょう。

 

こちらのリンクから簡単に登録できます。コインチェック公式ブログでもメタマスク送金方法について詳しく解説されています

 

 

コインチェックで口座開設↓↓

口座開設、入金方法はこちらの記事で

 

当ブログでもコインチェックの登録方法について解説しておりますのでよろしければ参考にしてみてください。

 

 

 

【今すぐ稼げるアンケートアプリ】

当ブログインストールNo.1 

アンケートでポイント-お小遣いを稼ぐ・貯めるならPowl(ポール)

アンケートでポイント-お小遣いを稼ぐ・貯めるならPowl(ポール)
posted withアプリーチ

アンケートでポイント貯めてお小遣い稼ぎ byマクロミル

アンケートでポイント貯めてお小遣い稼ぎ byマクロミル
posted withアプリーチ

 

 

アシスト有り、初心者向けのオンクレ

人気No1 初回5回無料

クラウドキャッチャー【オンラインクレーンゲーム】

クラウドキャッチャー【オンラインクレーンゲーム】
posted withアプリーチ

 

今週のイチオシ👌ゲームアプリ🎮
キャンディークラッシュ

キャンディークラッシュ
posted withアプリーチ

オリエント·アルカディア

オリエント·アルカディア
posted withアプリーチ
カテゴリー