ゲーミングイヤホンおすすめ13選【選び方】pubg、FPSプロゲーマーも愛用

 

 

 

こんには、いりまめ@iri_mame_です

 

 

ゲームをする際にか欠かせないゲーミングイヤホン、周囲の人への配慮や敵の足音を聞かなければならないFPS等のゲームにはゲーミングイヤホン選びが重要となります

 

 

販売されているものではマイク付きのものやワイヤレスのものヘッドセットなど様々で価格もまあまあ差があります

 

 

いやいや「どれも同じじゃないの?」と思っている方のために、今回はコスパの高いおすすめゲーミングイヤホンをご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

ブログ内で紹介しているおすすめのアプリです【漫画アプリ、ゲームアプリ、ライブ配信アプリ、オンクレ、マッチング、稼げるアプリなど】

 

 

 

ゲーミングイヤホンとは

ゲーミングイヤホンは、大型のドライバーを搭載したものが多く高音質で迫力のある音が楽しめるのが特徴、普通のイヤホンと比べても効果音やBGMが聞き取りやすくゲームに特化したイヤホンになっています

 

 

FPSなどのゲームでは敵の足音や銃声により敵の位置を把握しなければならないため、ちょっとした遅延や音質の影響で勝率が変わることになり、そのためイヤホン選びは勝敗を左右する重要な鍵と言えます

 

 

ゲームのジャンルによってはマイク付きや有線イヤホンの方が有利で用途に応じて適している最高のものを選ぶことで、より高いパフォーマンスの発揮が期待できます

 

 

ゲーミングイヤホンの選び方

ゲーミングイヤホンを選ぶポイントとして、次のようなことを見ていきましょう

 

  • ヘッドセットとの差
  • 有線とワイヤレス
  • 開放型と密閉型
  • マイク付きイヤホン
  • 接続デバイス

 

 

ヘッドセットとの差

ゲーミングイヤホンはヘッドセットと比べ密閉性が高く軽量なことが利点で、密閉性が高い分周囲の音を気にせず没入することができ、外出時の利用にも最適。ヘッドセットは音域や音質の良さはあるものの蒸れや首の疲れなどが難点と言えます。定位感について個人差はありますが、若干イヤホンの方が良いように感じます

 

 

有線とワイヤレス

有線イヤホンとワイヤレス(Bluetooth)イヤホンを選ぶ時の注意点は音の遅延、ワイヤレスイヤホンでは圧縮変換された音をBluetoothで通信しているので、音質の変化や遅延などが起こる場合があります

 

繊細な音の聞き分けが必要となるゲームでは遅延や音飛びは致命的となり勝負を分けるため有線タイプの使用がおすすめ。逆に言えば繊細さが必要ないゲームでの使用であればワイヤレスの方が楽かもしれませんね

 

 

開放型と密閉型

イヤホンのタイプには、開放型(インナーイヤー型)と密閉型(カナル型)があり開放型は装着しやすく通気性に優れてる反面、音漏れする心配があるといった特徴で、密閉型は遮音性が高く外部音を気にせず没入することができ、繊細な音も聞き取りやすいためゲームで使用するイヤホンは密閉型が適しています

 

 

マイク付きイヤホン

MMORPGなど仲間との連携が必要なゲームでボイスチャットを使用する場合にはマイク付きのイヤホンを選択しましょう

 

マイクがコードに付いているものや口元にまで届くタイプなどがあり、マイクの位置によって相手への聞こえ方も変わるためチョイスするものによっては「上手く伝わらなかった」という事態になることも。その他には急な用にも対応できるミュート機能付きのものも便利なので合わせてチェックしてみて下さい

 

 

接続デバイス

接続するデバイスにより選ぶ時のポイントの違いを抑えておきましょう。また購入する際はイヤホンがそのデバイスに対応しているか確認が必要となります

 

  • スマホで接続する際はゲームのみならずマイク付きのものを選ぶことでそのまま通話ができたり音楽再生に適したものを選ぶと普段使いが出来て便利です

 

  • PCにはステレオミニプラグやUSBの接続となり、ゲームのジャンルに応じた使い分けができます。音質の良さではステレオミニプラグ、ボイスチャットでの音声を重視する場合はUSBを選ぶと良いでしょう

 

  • PS4やSwitchには4極3.5mmステレオミニプラグで接続。多くのイヤホンでこの端子となっておりコントローラーに接続して使用します。またBluetoothレシーバーを用意すればワイヤレス接続も可能となります

 

 

まとめると、マイク付き、有線で密閉型のもの、かつ定位感の高いゲーミングイヤホンを選ぶと良いですね

 

 

おすすめゲーミングイヤホン13選

それでは人気のゲーミングイヤホンを13個ご紹介したいと思います。プロゲーマーも愛用するブランドや初心者でも購入しやすい低価格なものまでまとめてみました

 

 

まず最初にご紹介するのはRazer

Razerは、マウスやキーボードなどの高性能なゲーミングデバイスを扱うアメリカの企業で、ゲーマーから一番支持されているトップブランドです

 

その中でも圧倒的人気のHammerheadシリーズ

 

Hammerhead pro V2

 

前作より20%大きい特大10 mm ダイナミックドライバーを搭載し、最適化された内部音響チャンバーにより音の透明感と重低音が特徴的

 

ケーブルは絡みにくく耐久性に優れたフラットケーブルを採用、インラインマイクや通話、音量調節も手元でコントロールがしやすい設計となっています

 

3.5mm 直角ミニプラグ、マイク○

発売日 2016.5.31

 

 

Hammerhead Duo Console

 

Hammerhead Duo後継モデル

ダイナミックドライバーの深い重低音とバランスドアーマチュアの高いクリアな音域を掛け合わせたハイブリッドドライバー搭載でクリアで豊かなフルレンジサウンドを実現

 

3サイズのシリコン製イヤチップ同梱でフィット感も安心、アルミフレームで耐久性に優れ、前作から新たにミュート機能が追加されています

 

3.5mm 直角ミニプラグ、マイク○、ミュート○

発売日 2020.1.31

 

 

Hammerhead USB-C ANC 

 

アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能が搭載されUSB-C接続に対応したモデル、大型ヘッドセット並の精度で周囲の雑音を消去、ダイナミックドライバーとBAドライバーによりバランスの取れた豊かな音が楽しめます

 

編組被覆ケーブル、耐久性の高いアルミフレームを採用し、インラインリモコンではANC機能のオンオフ、着信通話、楽曲や動画の再生制御、音量調節が簡単に行えます

 

USB-C端子、マイク○

発売日 2019.4.26

 

 

Hammerhead for iOS Mercury Edition

 

10mmの特大ダイナミックドライバーとカスタムチューンされた DAC (D/Aコンバーター) により高品位オーディオを実現し、専用の HAMMERHEAD IOS アプリでは音質を自由にカスタマイズすることも可能

 

Lightningコネクタがデジタル出力し3.5 mm 端子でのアナログ処理が無いため、音源ソースから音をダイレクトに抽出し純粋で正確な音を再現することができます

 

Lightning端子、マイク○

発売日 2018.3.30

 

 

Razer Ifrit

 

Razer Ifritは、ゲーム配信者向けに作られたネックバンド型のヘッドセット。プログレードで角度調整可能なコンデンサーマイクを搭載しスリムで軽量、PC、スマホ、ゲーム機に対応しています

 

同梱されたオーディオエンハンサーにより2台同時接続が可能となり、ノイズを抑えオーディオ品質を高めるためのA/Dコンバーターが快適なストリーミングを後押しします

 

3.5mmミニプラグ、USBオーディオエンハンサー、マイク○、ミュート○

発売日 2019.3.29

 

 

Hammerhead True Wireless

 

カスタムチューニングされた13mmダイナミックドライバーが搭載されたインナーイヤー型のワイヤレスイヤホン。対応コーデックはSBC、AACだがゲームモードにすると60msと超低遅延を実現

 

Bluetooth5.0、防水性能IPX4、シリコン製のイヤホンパッド付きでフィット性もあり、タッチコントロールで簡単操作、マイク機能付き、低遅延でFPSにもおすすめです

 

Bluetooth通信、マイク○

発売日 2019.12.20

 

 

XROUND 「AERO XRD-XA01」

 

AEROは、音楽にもゲームにも使える汎用性の高いハイレゾ対応カナル型イヤホンで、まるでライブ会場にいるかのような臨場感とゲームの世界に迷いこんだような定位感が味わえる

 

XPUMPと組み合わせることでより高いバーチャルサラウンド効果を発揮、空気力学と特許取得の3Dチューニング技術でハイパフォーマンスなサウンドを提供しています

 

3.5mmミニプラグ、マイク○

発売日 2019.5.9

 

XPUMP

 

 

 

Kingston「HyperX Cloud Earbuds」

 

屋外でのNintendo Switchの使用に最適な

HyperXシリーズ初となるインナーイヤー型イヤホン、14mmダイナミックドライバーを搭載し強化された重低音とクリアな高音が臨場感を演出

 

特許取得したシリコンイヤーチップが3サイズ用意されフィット性も抜群、インラインマイクで仲間との連携も快適です

 

3.5mmミニプラグ、マイク○

発売日 2018.9.24

 

ROCCAT「SCORE ROC-1 4-220」

 

重低音を奏でる10mmドライバーと中高音を演出する6.8mmドライバーを組み合わせたデュアルドライバーデザインによりフルスペクトラムサウンドが実現

 

超軽量、微調整可能な耳掛けタイプでフィット性も高く快適、パッシブノイズキャンセル機能が搭載されノイズを綺麗に除去してくれます

 

3.5mmミニプラグ、マイク○、ミュート○

発売日 2018.8.10

 

 

WINTORY「MG-1」 

 

コスパ最強のゲーミングイヤホン

MG-1は、10mmダイナミックドライバーと内部音響チャンバーにより、クリアな高音から重低音が映える3Dスタジオサラウンド効果を実現

 

取り外し可能なマイクとインラインマイク2つが装備され電話の応答や選曲、音量調節が可能で重さも35gと軽量、付け心地抜群で価格は2千円代と激安です

 

3.5mmミニプラグ、マイク○

発売日 2018

 

 

プロゲーマーも愛用する最強イヤホン3選

多くのプロゲーマーが愛用するコスパの高いイヤホンを3つご紹介したいと思います。3つとも評価は高く価格もお手頃なので試してみる価値は大です

 

 

SHURE「SE215 Special Edition」

 

発売から年月が経っても色褪せない定番イヤホン。SHURE掛け(耳掛け)を定着させた名品

 

SHURE SE215 SPE-Aはダイナミック型MicroDriverを搭載、前作SE215より新たなチューニングを加え低域のディテールをハッキリとし中広域と全体的に厚みのあるパワフルなサウンドに仕上がっています

 

騒音カット効果の高いイヤパッドを採用し高遮音を実現、価格は1万円前半とお手頃、カラーはホワイトとブルー、SE215ではそれに加えブラックとクリアが選べます

 

3.5mmミニプラグ、マイク○

発売日 2012.11.28

 

 

Sennheiser「IE40PRO」

 

10mmの高精度ダイナミックドライバーを搭載したプロ向けの高コスパイヤホン。歪みが少なく全体的に高解像度かつクリアなサウンドが特徴的で定位感も抜群

 

シリコン・フォームチップによりフィット感に優れ遮音性も高く耳掛け型で装着しているのも感じないほど快適、価格も一万円ほどなのでおすすめ

 

3.5mmミニプラグ、マイク×

発売日 2018.12.6

 

 

Bose「QuietComfort 20」

 

定位に優れたFPS向けおすすめの一品

 

多くのプロゲーマーも愛用するインイヤー型ノイズキャンセリング機能搭載イヤホン。周囲の雑音を完璧に消音でき「Awareモード」ではボタンひとつで音を取り込むことも可能

 

独自開発のStayHear+イヤーチップは耳に押し込むことなく心地良くフィットし長時間装着しいても快適、Boseの技術が詰まった迫力のデジタルサウンドが体感できます

 

3.5mmミニプラグ、マイク○

発売日 2015.6.26

 

 

まとめ

以上、おすすめゲーミングイヤホンのご紹介でした

 

ゲーミングイヤホンを選ぶ時は密閉型でマイク付き有線、定位感に優れたものを選びましょう。あと偽物が出回っている可能性がありますので充分ご注意下さい

 

おすすめの記事