SEOライティングのやり方とは?上位表示させる8つのコツ【初心者必見】

 

 

 

「SEOライティングって何?」
「SEOライティングのコツが知りたい」

 

 

このような疑問にお答えしたいと思います。本記事ではSEOライティングのやり方と上位表示させるコツを解説していきたいと思います

 

 

 

 

 

 

ブログ内で紹介しているおすすめのアプリです【漫画アプリ、ゲームアプリ、ライブ配信アプリ、オンクレ、マッチング、稼げるアプリなど】

 

 

 

SEOライティングとは


SEOライティングとは、SEOを意識したライティング手法のこと

 

 

SEOを意識し検索の上位表示を狙っていくためには、Googleのアルゴリズムやユーザーのニーズを理解する必要があります

 

 

ユーザーのニーズ(検索意図)を読み解くことができれば、ユーザーに対して満足度の高いコンテンツを提供することができ結果、検索エンジンでの上位表示も狙えるようになっていきます

 

 

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

 

引用:Googleが掲げる10の事実

 

 

Googleはユーザーファーストという考えを重要視しており、ユーザー目線に立って悩みを解決していくことが大切です

 

 

どういう悩みがあるのかユーザーが検索した「検索意図」を読み解き「読みやすい文章」を作成、「独自性・専門性のある記事」を提供することでユーザーにとって利便性の高い役立つコンテンツが出来上がります

 

 

ではSEOライティングで意識するポイントをいくつかを見ていきましょう

 

 

独自性(オリジナリティ)

Googleが求めているのは、調べれば誰でも書ける記事ではなく独自性、すなわちオリジナリティがある記事の作成を評価しています

 

 

クローラーにおいては記事内容が重複していないかコピーコンテンツをチェックしています

 

 

体験して感じたことや手順、失敗談など、あなたにしかわからない気付きを記事にしていくといいですね。注意点としてはユーザーのニーズの範囲内で書くこと、押し売りや押し付け、文字数稼ぎは離脱へと繋がります

 

 

独自性を出すためにはまず競合を調査して、できるだけ違った視点や切り口で差別化を図っていきましょう

 

 

専門性(E-A-T)

検索品質ガイドラインにも記述されているようにGoogleは専門性、権威性、信頼性を重要視しており、頭文字を取ってE-A-Tと呼ばれています

 

Expertise(専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)

 

 

EATはユーザーの満足度を高めるための評価基準であり、基準に満たないコンテンツの検索順位は下落していくため、このEATに即したコンテンツ作りが重要となってきます。具体的には

 

 

  • 特化したテーマに絞る
  • 経験を元に専門性のある記事を書く
  • 権威性のあるサイトから引用する
  • 運営者情報を開示する

 

 

などサイトのテーマはできるだけ特化し、経験して得た知識を元に記事を書き、必要であれば専門性の高いサイトよりデータを引用していくことが専門性を高めていく秘訣です

 

 

 

読みやすい記事

最低限ブログ記事は読みやすいようにしておきましょう

 

 

たまにありますよね。読みにくっ、、

内容を読む前に視覚で離脱されてしまうケースは避けなければなりません

 

 

長々と書くよりもなるべく文章は短く区切り句読点や改行を使って書いていくと読みやすくなりますね。その他にも

 

 

改行、句読点、見出し、マーカー、太文字、括弧、箇条書き、図表、画像

 

 

PCで投稿後にスマホでもチェック

 

どうしてもスマホユーザーは記事が縦に長くなってしまうため、スクロールで飛ばし読みする傾向にあります

 

 

そんな場合でもこのような書き方がされていれば、何となくは要点が掴めるので、できるだけ読みやすいように工夫することが大切です

 

 

SEOライティングのコツ


それではSEOライティングで上位表示させるコツを8つご紹介したいと思います

 

 

ペルソナを設定する

ペルソナとは、架空の人物像のこと。大まかなターゲットに向けた記事ではなく、ターゲットを絞り込め架空の人物一人に向けて記事を書いていきます

 

 

なぜペルソナ設定が必要かと言うと、不特定多数に向けた記事内容にしてしまうと誰の心にも響かない文章になってしまうからです

 

 

「年齢、性別、居住地、職業、収入、家族構成、趣味、特技、性格、悩み、望み、興味、価値観、ライフスタイル」に至るまで細かく設定し具体的なユーザー像を明確にしていきます

 

 

ペルソナを設定することによって、この記事「自分のことが書いてある」とユーザーに思わせることが大事です

 

 

 

検索意図を考える

ユーザーの役立つコンテンツを作るためにはユーザーが検索した意図(理由)を読み解く必要があります

 

 

検索意図を考える理由は、ユーザーが検索した意図が記事に書くべき答えとなるからです

 

 

キーワードを入力してアクセスしたはいいが自分の求めている答えでは無かったら、まず読まないですよね

 

 

ユーザーが求めていることは何か、検索意図を考えるということはユーザーに有益なコンテンツを届けるという観点からも最も重要なことなのでユーザーのニーズを把握し悩みを明確化しましょう

 

 

 

タイトルのつけ方

タイトルには必ずキーワードを含めます。キーワードは3語ほどのロングテールキーワード(複合キーワード)を選ぶと良いでしょう

 

 

できるだけキーワードはタイトルの前方に詰めて書き、文字数は32文字以内にすると検索エンジンに表示される時にキレイに収まります

 

 

またタイトルはユーザーにクリックされやすいよう簡便性やユーザーのレベル、具体的な数字を用いて自然な文章となるようにつけましょう

 

 

 

見出しのつけ方

見出しタグはユーザーと検索エンジンに記事の構成を正しく伝えるために設置していきます

 

 

一般的な見出しタグのつけ方例

1.見出しタグとは<h2>
 1-1.見出しの効果<h3>
2.見出しタグ使用上のルール<h2>
 2-1.h1から順番に使う<h3>
 2-2.h2~h6は何回使ってもOK<h3>
 2-3.長い見出しは避ける<h3>
 2-4.キーワードは詰め込み過ぎない<h3 >
3.基本的な見出しの使い方<h2>
4.まとめ<h2>

 

 

h2タグにはキーワードを左詰めで含めます。このように使用上のルールを守ってクローラーに構成をインデックスしてもらい、何が書いてあるのか正しく伝えていきましょう

 

 

 

導入文の書き方

導入文にはテンプレートを使い、次のような内容を記述してユーザーの心を鷲掴みにしていきましょう

 

 

問題提起

「○○ですが、○○に悩んでいませんか?」

 

解決策の提示
「○○すると○○ができるようになりますよ」

 

解決策の有効性
「私は○○して○○ができました」

 

記事の要約
「この記事では○○する方法をご紹介します」

 

得られること
「今後○○で悩むことは無くなり、○○な生活が送れるようになります」

 

まずは冒頭で読もうと思わせる文章が書けるかが重要となりますね

 

 

本文の書き方

本文にもキーワードや共起語を自然な文章となるように含めると良いでしょう。書き方はPREP法を用いて結論から書いていきます

 

 

PREP法

 Point(結論)
 Reason(理由)
 Exanple(具体例)
 Point(結論)

 

 

なぜ結論を最初に書くかと言うと、結論を最後に書くと読まれない可能性があるためです

 

 

また結論から次にその答えとなる理由を付けることで説得力が加わり論理的で読みやすい文章となります

 

 

ビジネスにおいてもプレゼンや営業トークに使われており、このような「」を意識した書き方をするとスムーズに説得力のある文章を書くことができます

 

 

ディスクリプション

ディスクリプションはスニペットとも呼ばれ検索結果でタイトルの下に表示される要約文です

 

 

このディスクリプションにもキーワードを含めていきます。タイトルに入りきらないキーワードはディスクリプションに入れると検索結果にヒットされ効果的

 

 

ディスクリプションは記事毎に記述し、スマホ用70文字PC用120文字以内としキーワードを含め自然な文章となるように書きましょう

 

 

 

画像の最適化

画像が重いとページの表示速度も遅くなってしまいSEO的にも評価が下がります。画像はなるべくトリミングしリサイズして圧縮しましょう

 

 

WordPressをお使いの場合はプラグインを入れると早いですね

 

 

WordPressに高速化に有効なプラグイン

  • 「EWWW Image Optimizer」画像を自動で圧縮
  • 「Lazy Load」画像を遅らせて読み込む
  • 「WP Fastest Cache」キャッシュを作成 
  • 「Autoptimize」ソースコード(CSS・JavaScript・HTML)を圧縮

 

画像の読み込みを順番に表示させ遅らせることで最初の表示速度を上げることができるのでおすすめです

 

 

あとは、alt属性(代替テキスト)も書いてあると画像検索に表示されるのでなるべく記述した方がいいですよ

 

 

 

やめておくべきこと

 

  • 代名詞を使う(この〜、その〜、あの〜、等)

  • キーワードの詰め込み過ぎ

  • 文字数稼ぎ

 

まとめ

以上、SEOライティングについて解説しました

 

このような基礎知識を念頭に置くと今後ブログ記事が書きやすくなるはずです

 

 

おすすめの記事