ブログ記事のネタ切れに100%ならない方法と探し方10選 ネタ切れの原因とは?

 

 

 

・ネタ切れにならない方法が知りたい
・参考になるネタ元を教えて

 

 

このような悩みにお答えしたいと思います。本記事ではブログ記事のネタ切れにならない方法と参考にしたいネタ元をご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

ブログ内で紹介しているおすすめのアプリです【漫画アプリ、ゲームアプリ、ライブ配信アプリ、オンクレ、マッチング、稼げるアプリなど】

 

 

 

ブログのネタ切れに100%ならない方法


ブログ初心者にありがちですが、ブログ記事を書いていくと段々とネタが無くなっていき、「いよいよ書くことが無くなったぞ」という、いわゆるネタ切れ状態に陥ることがあります

 

 

特に特化ブログでそのジャンルしか扱わないとなるとすぐにネタは尽きてしまいますね。いくら考えても思い浮かばない。無い頭からは何も絞れません。経験したことじゃないと書けないとなると、いつまで経っても記事が書けないということになります

 

 

なので結論から言いますと、ネタを絞り出すべきところは頭の中では無く「市場のニーズ」から引き出すということになります

 

 

つまり市場にどういった悩みがあるのかをリサーチし逆算するだけ、答えは検索エンジンに聞くのです

 

 

ネタがなければ逆算するべし


書くネタ無くなったら市場ニーズから逆算すればネタに尽きることはなくなるでしょう

 

 

そもそもネタ切れはなぜ起こるのか、ネタ切れする原因は次のようなことが考えられます

 

 

ネタ切れの原因

  • キーワード選定をしていない
  • 誰に読んでもらいたいかわからない
  • 読者のニーズがわからない
  • インプット不足
  • リサーチ不足

 

ネタ切れの解消方法として、まずはキーワード選定からみてみましょう

 

 

①キーワード選定をする

ネタ切れを解消する方法、1つめはキーワード選定

 

キーワード選定は

「関連キーワード取得ツール」

でサジェストキーワードを調べ

 

「Ubersuggest」
で検索ボリュームを確認します

 

 

キーワードを選ぶことで、ユーザーがどういう悩みを持って検索しているのかを知ることができます。ツールで検索すると

 

 

 

この記事でいうとこのようなキーワードがネタになるわけですね「ブログ ネタ切れ 探し方」

 

 

このキーワードツールを使ってユーザーの悩みを明確化すればネタが尽きることはないはずです

 

 

 

②ターゲットを設定する

誰に対して書いていているのかターゲットを明確にしていきましょう

 

 

自分の書きたいことだけを書いていくとターゲットのニーズと合わない文面となり読者が付かない又は離れてしまう可能性があります

 

 

ターゲット像は「過去の自分」でもOK

 

 

テーマが「ブログ」でいうと始めた当初のことを思い出し、悩みはなんだったか、解決方法として何をやったのか、を想像できるとよりユーザー目線に近い記事を書くことができ

 

 

更に詳しく細分化していけば書けるネタが増えていくでしょう

 

 

③ブログを読む

ネタ切れ解消法として最も効果的なのが他人のブログを読むこと。多くの人が他人のブログを参考にブログを書いていると言っても過言ではありません

 

 

どれだけ専門的な知識があったとしてもオリジナルの知識だけでブログ記事を書いていても、そのうちネタに限界が訪れるでしょう。そこで有効なのが「他人のブログをまとめていく」ということ

 

 

まずキーワード選定をされましたらこの部分から見出し構成を抽出、競合のいくつかの記事から「いいとこ取り」をし見出し構成を立てる

 

 

関連キーワード取得ツールの見出し抽出

 

外枠さえ出来てしまえば書く内容に困らないということです

 

 

もちろん丸パクリはいけませんが、重要なのは「あなたの見解を織り交ぜること」

 

 

この方法さえ押さえておけばスムーズに記事が書けますし100%ネタ切れになることはないでしょう

 

 

④Q&Aサイトをみる

「yahoo!知恵袋」や「教えてgoo」などお悩み相談からユーザーの悩みを把握するということもできます

 

 

先程の「関連キーワード取得ツール」のこの部分

 

 

Q&Aサイトにはリアルなユーザーの悩みが掲載されています。この悩みや疑問に回答していけばネタは尽きません。ユーザーの悩みの数だけネタがあると思ってもいいですね

 

 

⑤本を読む

本を読みその本の感想やインプットしたことを書いていく方法

 

 

本にはネタが沢山詰まっています。単純に読んだ内容を自分なりの見解を加えて書評をアウトプット、更に体験談を織り交ぜれば言うとなしです

 

 

レビュー記事やおすすめの本○選としてまとめ記事を書いていくこともできますね

 

 

 

⑥映画を見る

映画が好きな方は視聴した映画をレビューすれば記事が出来上がります。ジャンル別にまとめてみたり、新作映画、おすすめのポイントを紹介していきましょう

 

 

動画配信サービスVODの紹介や関連商品の物販アフィリエイトにも繋がります

 

 

 

⑦Twitterから探す

Twitterはネタの宝庫です。実際に悩んでいる人を探したり、話題になっていることを記事ネタにしてみましょう

 

 

例えば、新しいWordPressテーマが出たりするとそのテーマに切り替えようかと情報を探していたり、迷っているというツイートしていたりしますね

 

 

ついっトレンド
https://twittrend.jp/ 

ついっぷるトレンド
https://tr.twipple.jp/hotword/week.html

 

その他にもTwitterのトレンドを見ると今現在みんなが何に興味を持っているのかがわかります。それを元に記事が作れるのでTwitterでの情報収集はかなり重要度が高いと言えます

 

 

⑧旅行に行く

他の人のブログを見ているとよく旅行をテーマにした記事を見かけますね。知らない世界の文化や人との出会い、生活や風景などを写真を交えて紹介している記事を見るとすごく羨ましい気持ちになります

 

 

日記に近いですが書きたいことや日常生活を記事にして成立するのは有名人か選ばれたブロガーだけでなかなか難易度が高いと思われます。ファンが付けば旅行へ行くだけで記事ネタになりますね

 

 

⑨まとめ記事を書く

先にまとめ記事から書くのもアリですね。外枠から攻めてみましょう

 

 

○○おすすめ5選などのまとめ記事は「触り」だけの紹介となり、あまり深い知識がなくても記事が書きやすい傾向にあります。詳しく紹介した記事リンクはとりあえず書けるものだけにしておいて、後で気が向いたら追加してもいいですね

 

 

まとめ記事やレビュー記事に商品リンクを付けたい場合は、もしもの「かんたんツール」がおすすめ

 

 

 

⑩asp案件から探す

アフィリエイトをする方はasp案件から探すことも可能です

 

 

案件数の多いA8.netなら記事が書けそうな案件がけっこうありますよ。例えばレンタルサーバーや有料テーマ、プログラミング、転職、食材宅配、などなんでもあります

 

 

新しい広告も随時更新されているのでネタが無い時は広告案件を見ているとジャンルを選ぶのにイメージがしやすいでしょう

 

 

A8.net に登録

 

 

 

その他には

 

・体験談を書く
・失敗談を書く
・アプリを紹介
・ニュースにコメント

 

など書けることは沢山あると思います。ユーザーの興味や悩みがある分だけ記事ネタが存在するということになります

 

 

書けないと思い込まない


ブログをスタートさせてから、たいていの人は書きやすい記事ネタから書いていき興味の薄いネタや書きたいけれど知識が伴わないネタが残ってしまいます

 

・書けるけど興味の薄いネタ
・書きたいけれど知識が伴わないネタ

 

そこに追い打ちをかけて「読まれていない」となると、ネタ切れだからもう辞めようかなという判断になりがちです

 

 

しかし、前述した通りネタは沢山転がっています。書きたいけれど知識が伴わない場合はインプットを増やし時間が掛かっても書いてみる

 

・お題があれば書ける
・見本があれば書ける

 

その成功体験から良いイメージができれば、お題があれば、見本があれば意外と書けるとわかり、数をこなしていくことで要点を押さえスピードアップにも繋がり更にはモチベーションも上がっていきます

 

 

ですので重要なのは

 

書けないと思い込まないこと

 

かもしれませんね

 

 

まとめ

以上、ネタを解消する方法をご紹介しました

 

 

できるだけ細分化できるテーマを選ぶというのもひとつの手ですし、ターゲットとなる読者のニーズを捉えるということが重要となってきます

 

 

季節トレンドも記事ネタになります

 

 

おすすめの記事