アフィリエイトブログ記事の書き方を7つのステップで解説、コツはテンプレにあり!

 

 

 

・アフィリエイト記事の書き方がわからない
・スムーズに記事を書くコツが知りたい

 

 

と、お悩みの方のために、本記事ではアフィリエイトブログ記事の書き方やコツをテンプレートを使って解説していきたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

ブログ内で紹介しているおすすめのアプリです【漫画アプリ、ゲームアプリ、ライブ配信アプリ、オンクレ、マッチング、稼げるアプリなど】

 

 

 

アフィリエイト記事を作成する手順

ではアフィリエイト記事を作成する手順を7つのステップに沿って見ていきましょう

 

 

  • キーワード選定
  • ペルソナの設定
  • 検索意図を掴む
  • タイトルのつけ方
  • 見出しを抽出する
  • 本文(PREP法)を書く
  • 内部リンクで購買設計

 

 

アフィリエイトブログ記事を書くのに必要となるのはテンプレート、すなわちを意識すること

 

 

稼いでいるほとんどの人がテンプレートに沿い手順を踏んでいます。記事を作成する順序記事構成文章構成に至るまで決められた様式の中でブログ記事は作られています

 

 

ユーザーはどんな人で、どんな悩みを持っていて、どんなキーワードで検索するのか、必要なこと不必要なこと、流れ、着地点を明確にすることが大切です

 

 

キーワード選定

まずはキーワード選定、検索で上位表示されるためのキーワード選びをしていきます

 

 

だいたいどのような内容の記事にしたいか、外観イメージを持ったのちにツールを使用してキーワード選定をします。ツールを使ってすることは

 

 

サジェストキーワードを調べる

http://www.related-keywords.com/

 

検索ボリュームを調べる

https://app.neilpatel.com/ja/ubersuggest/

 

 

このようなツールを使用して、記事を書く前に市場のニーズを調査します。どんなキーワードがどれだけ検索されているのかを調べ、読まれる記事にするために的を絞っていきます

 

 

注意したいのはキーワードは自分で考えるものではなく、ツールを使用して市場のニーズから探すものです。実際に検索されているワードを拾って記事にしていくという作業になりますね

 

 

ロングテールキーワードを狙う

狙うのはロングテールキーワードといって比較的検索ボリュームの少ない複合キーワードを狙います

 

 

本記事でいうと「アフィリエイト 記事 書き方」

 

キーワードを2〜3語タイトルに含め、ユーザーの悩みの解決や利益、想像できる未来(ベネフィット)が伝わるような記事に書いていきましょう

 

 

 

 

検索上位の分析

キーワード選定する際には必ず検索上位を確認しどのようなタイトル、記事構成、になっているかを調査しましょう

 

 

大手のECサイトが多いキーワードは避け、検索結果に入り込むことが出来そうなものを狙っていきます

 

 

ポイントは上位表示されている記事の内容をいかに「良いとこ取りできるか」「内容が上回ったか」上手くまとめあげられれば、そのうち検索順位は上がってくるはずです

 

 

 

 

ペルソナの設定

ペルソナとは「想定する読者像」のこと。どんな人に読んでもらいたい記事にするのかを設定していきます

 

 

ペルソナを設定する理由は、不特定多数に書くよりもターゲットを明確に絞り込むことで当てはまる人には確実に読んでもらえるようにするためです

 

 

よく使われている手法としては「過去の自分」や「身近にいる人」を設定するのがわかりやすい方法です

 

 

ポイントとしては具体的にすること「年齢、性別、住まい、職業、性格、思考」など細かく設定するとよりユーザーに響く文章が書けるでしょう

 

 

重要なのは自分の言いたいことではなく読者の知りたい内容を書くこと、そして読み手に刺さる文章にしていくことが大切です

 

 

 

検索意図を掴む

検索意図とはユーザーがどういう想いでそのキーワードを使って検索したのか、検索した理由のことです

 

 

なぜ検索意図を読みとる必要があるのかというと、検索意図を理解せずに記事を書いたとしても求めている答えでなければ、せっかく書いた記事でも読まれることはないからです

 

 

検索意図を把握することでユーザーの求めている答えを提供することができ、ひいては検索エンジンから評価され上位表示へと繋がっていきます

 

検索意図には2つのニーズが存在します

顕在ニーズ
自分で認識しているニーズのこと

 

潜在ニーズ
自分で認識していないニーズのことで、顕在ニーズを満たしたその後のニーズ

 

 

【顕在】アフィリエイト記事の書き方が知りたい
【潜在】アフィリエイトで稼いで仕事を辞めたい

 

検索意図を読み解くことでユーザーの疑問や悩みに的確に答え、潜在ニーズを読み取ることができればユーザーの思考を先回りしたコンテンツの作成が可能となります

 

 

 

 

タイトルのつけ方

記事を書くことも重要ですが、ブログタイトルのつけ方でもクリック率はかなり変わってきます

 

 

効果的なタイトルのつけ方

・数字を入れて具体性を示す
・読者への利益(ベネフィット)を示す
・ターゲット・レベルを示す
・簡単に出来ることを示す
・キーワードを入れる
・32文字以内でまとめる

 

 

などがあり、その他には不安を煽る、限定感を出す、権威性を示すなど様々な手法が考えられます

 

 

まずはクリックされなければ始まりません。クリック率を上げるコツは、上手な人のタイトルのつけ方を知ることですかね

 

 

 

見出しを抽出する

いきなり記事は書きません。まずは外枠である見出しの構成から作ります

 

 

先に見出しを作ることによって着地点を明確にし、流れを描きスムーズな記事の作成が可能になります

 

 

そこで活躍するのが、見出し抽出ツール

http://www.related-keywords.com/

 

 

できれば上位に表示されているブログよりも内容を充実させたいと思う時には、他人のブログの見出しを抽出するという反則技を使っていきます

 

 

ツールを使ってもいいですし、直接目次をコピーして上位表示されているブログより見出しが充実するように構成を考えます

 

 

ポイントは後出しジャンケンのメリットを活かすということ、数年前に書かれたブログ内容より勝るために「いいとこどり」をして充実したコンテンツにしていきましょう

 

 

本文(PREP法)を書く

ここで用いるのは文章構成のテンプレートであるPREP法(プレップ法)

 

 

このテンプレートに当てはめていくと、簡潔かつ説得力のある記事に仕上がります

 

 

結論を先に書くことでユーザーの興味をひき、その理由を知りたいとして読んでもらう流れになりますね

 

 

実際に稼いでいる方々はこのPREP法を取り入れています。文章を書いた際には、ちゃんとPREPになっているか確認しましょう

 

 

内部リンクで購買設計

文章を書き終わってもまだ終わりではありません。もうひと手間、大事なのがマネタイズ設計

 

 

内部リンクの最適化や収益化するための道案内が必要となります。読者をどう動かすかということですね

 

 

この記事では検索順位チェックツールGRCと書籍を紹介していますが、基本的には集客用記事と成約用記事の2つに分かれ、集客用記事で集客したユーザーを成約用記事へ流すといった導線作りをしていきます

 

 

先程紹介したペルソナ設定にしても不特定多数を対象にしているわけではなくユーザーを絞っています。その場合に必要なのが関連記事への誘導

 

 

トレンドブログのように不特定多数を狙って大きくPVを稼げるわけではありませんが、狙ったユーザーを思いのままに回遊させていくことが出来れば少ないPVでも大きく稼ぐことができるはずです

 

 

 

 

おすすめ書籍とツール

ライティングがわかるおすすめ書籍

 

ユーザーと検索ロボットの双方に響くWebライティングについて、詳細にわかりやすく解説した本。重要キーワードを適切な位置に配置するロボット対策、ユーザーを納得させる「数字」の使用方法など、確実に成果をあげる手法が満載

 

 

『ザ・コピーライティング』『伝説のコピーライティング実践バイブル』
『ザ・マーケティング【基本篇】【実践篇】』を1冊に凝縮した実践的なコピーライティングが学べる本

 

 

 

SEO検索順位チェックツール

 

 

キーワード設計には順位計測ツールが必須です。

WinユーザーならGRC が定番でして、MacユーザーならRankTrackerがおすすめ。こういったツールでケチる人はだいたい稼げません。必要経費としてポチりましょう。

マナブ

 

検索順位をボタン一発で調査、記録。検索順位チェックツールGRC

このツールは導入した方が良い必須ツールですね

 

 

まとめ

以上、アフィリエイトブログ記事の書き方をご紹介しました

 

書き方の手順は

キーワード選定
ペルソナの設定
検索意図を掴む
タイトルのつけ方
見出しを抽出する
本文(PREP法)を書く
内部リンクで購買設計

文章テンプレートは

結論
理由
具体例
結論

このように型に当てはめていけば書きやすいと思いますよ

 

 

 

 

おすすめの記事