【ブログ導入文の書き方】上手に書く5つのコツとテンプレート例【滞在時間激増】

 

 

ブログの導入文の書き方に迷っていませんか?

 

 

これからご紹介する導入文の書き方のポイントやパターンをマスターすると迷うことなくスムーズに書くことができますよ

 

有名ブロガーも使っている導入文のテンプレートを当ブログも取り入れたところ、ユーザーの直帰率が低減し滞在時間が大幅に増える結果になりました

 

この記事ではブログの導入文の書き方と上手に書くコツをテンプレート付で具体例も交えて解説してきます

 

 

この記事を最後まで読むと、導入文を書くコツがわかり記事の書き出しに悩むことはなくなりますよ

 

 

 

 

 

 

ブログ内で紹介しているおすすめのアプリです【漫画アプリ、ゲームアプリ、ライブ配信アプリ、オンクレ、マッチング、稼げるアプリなど】

 

 

 

導入文(リード文)の役割


導入文は、目次の前に記述される前置きの文章。ユーザーがその記事を読むか読まないかを判断する大事な文章です

 

 

導入文でユーザーの心を掴めれば最後まで読まれる可能性が高ますし、他の記事を読んでくれたり商品の購入にも繋がります

 

 

逆に興味をひけなければ記事は読まれずに即離脱に繋がってしまうので、できればそれは避けたいですね  

 

 

書く時に気を付けるのポイントとしては

 

  • 短く簡潔に書く
  • インパクトを与える
  • スッキリと印象を良くする
  • 続きを読みたくなるように書く

 

 

第一印象が肝心なのでサラッと読めるように導入文は短く簡潔に書くと良いでしょう

 

 

最初が重いと本文もずっと重たいのでは?という印象を与えかねないので「短くわかりやすく」が重要ポイントです

 

 

ブログ導入文の書き方具体例


では実際にみんなが使っている一般的な導入文の書き方を見てみましょう

 

 

導入文の内容はこの5つ

  • 問題を明確化する
  • 問題の解決を示す
  • 信頼できる根拠を示す
  • 記事の要約を書く
  • 得られるメリットを示す

 

 

 

問題を明確化する

まず最初に示すのが問題提起。検索エンジンから流入してきたユーザーに対して悩みは何なのかを確認します

 

 

提示されている悩みがユーザーに「自分のことが書いてある」と思ってもらえるようにするのがポイント

 

 

方法は2つから選べます

 

①こちらから問いかけるバージョン

ブログの導入文の書き方に迷っていませんか?

 

②ユーザーが吹き出しで悩みを示すバージョ

 

ボーイ
導入文ってどうやって書くの?
導入文のテンプレートが知りたい

 

問題の解決を示す

次に明確化された悩みが解決されることを明示します

 

 

先ほどの2パターン

 

①を選んだあなた

これからご紹介する導入文の書き方のポイントやパターンをマスターすると迷うことなくスムーズに書くことができますよ

 

ユーザーに共感して安心感を与え、悩みが解決することを主張します

 

 

②を選んだあなた

このような悩みにお答えします。

 

よく見かけますよね。サラッとクールに答えましょう。できる男を演出しています(多分

 

 

信頼できる根拠を示す

信頼性というのは根拠のことですね。この発言の裏付けとなる事実を示す必要があります

 

 

実際にやってみたらこうなりましたよ、ということを示しましょう

 

 

ただ、実績や権威性を示すパターンや実際にやってみたらPVが増えました。など表現方法はそれぞれ

 

 

この記事の信頼性

 

例えば

私はアフィリエイト歴3年目で運営するサイトは月に20万PVあり、ブログの収益だけで生活しています

(だから信頼して下さい)

有名ブロガーも使用しているこのテンプレートを使って導入文を書いたところユーザーの滞在時間が3倍に増えました

(だから信頼して下さい)

このテンプレートを使えば初心者の私でもプロ並みの導入文を簡単に書くことができました

(たから信頼して下さい)

 

というような感じで、信用できる実績やデータを提示してユーザーを安心させることが大切です

 

 

他サイトの権威性を引用してもOK

 

 

記事の要約を書く

記事の要約文を書きます。この記事がどんな内容になっているのか簡単に説明しましょう

 

 

この記事ではブログの導入文の書き方と上手に書くコツ、テンプレート付で具体例も交えて解説してきます

 

 

 

得られるメリットを示す

この記事を読むとどうなるか読者へのメリットを示しましょう

 

 

ポイントとしては記事の内容を知ることでその先どうなるのかというベネフィットを提示、つまり想像できる未来を描くことが大事です

 

この方法を知ると 
導入文を書くコツがわかり記事の書き出しに悩むことはなくなりますよ
この記事を最後まで読むと
導入文がスムーズに書けて、ユーザーの滞在時間が大幅にアップしますよ

 

メリット

導入文の書き方に悩まされることがなくなる

直帰率、滞在時間が改善される

 

 

などが読者のメリットとして示されると、この記事を読むことの価値が明確になります

 

 

ブログ導入文のテンプレート例3つ

それでは導入文のテンプレートを3つご紹介したいと思います

 

 

テンプレート例①

テンプレ男
○○って何?

○○が知りたい

 

このような悩みを解決します

 

記事の信頼性
私はアフィリエイト歴○年 ブログ収益で生計を立てています

 

この記事では○○の方法を解説します

 

これを知ればあなたも○○できるようになりますよ

 

テンプレート例②
【悩みの明確化】

「○○」このようなことに悩んでいませんか? 

 

【解決の提示】
○○で迷いますよね。ですが○○さえすれば簡単に解決します 

 

【信頼性の提示】
私はアフィリエイト歴○年 ブログ収益で生計を立てています 

 

【記事の要約】
この記事では○○の方法を解説します

 

【メリットの提示】
これを知れば○○できるようになりますよ 

 

テンプレート例③
共感と悩みの明確化

「○○の多い季節ですが、○○に悩んでいませんか?」

 

解決策の提示
「○○すると○○ができるようになりますよ」

 

解決策の有効性
「私は○○して○○ができました」

 

記事の要約
「この記事では○○する方法をご紹介します」

 

得られること
「今後○○で悩むことは無くなり、○○な生活が送れるようになります」

 

 

書く内容はこの5つ

  • 問題を明確化する
  • 問題の解決を示す
  • 信頼できる根拠を示す
  • 記事の要約を書く
  • 得られるメリットを示す

 

 

 

このような書き方が一般的です。多くの有名ブロガーがこのテンプレートを使って導入文を書いています

 

 

よく見かけますよね。このテンプレートを使えばスムーズに導入文を書くことができますよ

 

 

ブログの目次はいらない?


これだけの導入文を書いたら目次を閉じておいてもいいかというのも迷いますね

 

 

「ブログ 目次 いらない」で検索すると「いる派」と「いらない派」が真っ向勝負

 

 

個人的には導入文よりも真っ先に目次を読むので開いて表示しておいた方が絶対いいと思いますね

 

 

特にh3見出しにこちらが求めるものが書かれているかどうかで次のサイトにいくか決めるので、h3見出しは短めに「読みやすいように」書くことをおすすめします

 

 

ということで「目次は必要」です

 

 

 

まとめ 

以上、導入文の書き方をご紹介しました

 

冒頭の書き出しでつまずくと本文もスムーズに書けなくなることがあるのでテンプレートを使ってサラッと書けるといいですね

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事