【ブログをリライトする方法】上位表示させる6つのコツと効果的なタイミング

 

 

「リライトって何をすればいいの?」
「リライトする時の注意点が知りたい」

 

 

このような疑問を解決します。本記事では効果的なリライトのやり方や注意するポイントを解説したいと思います

 

 

 

 

 

ブログ内で紹介しているおすすめのアプリです【漫画アプリ、ゲームアプリ、ライブ配信アプリ、オンクレ、マッチング、稼げるアプリなど】

 

 

 

ブログ記事のリライトとは

リライトとは「書き換える・書き直す」という意味で、すでに公開されている記事を手直しすることです

 

 

リライトといっても単に記事の内容を書き足したり変更したりするのではなく、ユーザーのニーズを満たしたコンテンツへと修正し、検索上位に表示させるための施策になります

 

 

ですので、基本的には検索順位を上げることが目的だと考えた方がいいですね

 

 

リライトするポイントは次の3つ

 

【タイトルを改善する】

クリック率の向上

  • キーワードを変更する
  • 具体性を出す       など

 

【コンテンツを修正する】

検索順位を上げる

  • 検索意図を満たす
  • 各種キーワード見直し   など

 

【読みやすい記事にする】

滞在時間の改善

  • 箇条書きや改行を使う
  • 内部リンクで利便性向上  など

 

 

これらの改善を行うことによりSEO効果が期待され、検索順位の上昇やPVの上昇、さらには購入や登録といった成果へと繋げていきます

 

 

リライトするタイミング

ブログをリライトするタイミングは記事を公開してから約2〜3ヶ月後が良いとされています

 

 

なぜなら投稿後にSEO効果が現れ始めアクセスが集まり出すのは、2〜3ヶ月程度の時間がかかるからです

 

 

内部リンクの設置や期間が終了したなどの変更はその都度忘れないうちにやっておいた方がいいとは思いますが、記事を本格的にリライトする際はひとまず一定期間様子を見るとよいでしょう

 

 

リライトする記事の選定

では全部の記事をリライトしていけば良いのかというと、決してそういう訳でもなく、優先順位必要性は当然考えなければなりません

 

 

リライトの対象となる記事

 

  • 検索結果の2〜3ページ目ぐらいの記事
  • 上位表示させるメリットのある記事

 

 

現在上位表示されていて、ある程度アクセスのある記事に関しては、特に修正する必要がありません。下手に手直しして順位を下げるくらいなら触らない方が無難ですね

 

 

特にリライトが必要とされるのは検索結果の2〜3ページ目に表示されている微妙な順位(10位〜30位)をさまよっている記事

 

 

この記事をもう一歩を後押しする必要があります

 

 

そして2〜3ページ目よりも検索順位が下で30位以上ある上位に遠く及ばない記事は、ひとまず後回しにしておいて、新しい記事を作成していきましょう

 

 

また、立ち上げたばかりのドメイン力が弱く記事数が少ないブログに関してもリライトして上位表示される期待値は薄いので、リライトするよりも記事数を増やしていくことが優先となります 

 

 

【検索順位チェックツール】

検索順位を確認する際は、トップブロガーが使用しているこの順位チェックツールGRCが使いやすくて超便利ですよ。月にすると450円ほどと安価で利用することができるのでおすすめです

 

 

 

リライトのやり方と注意するポイント


ではブログ記事をリライトする方法と注意するポイントをご紹介します

 

 

Googleはユーザーファーストを意識したコンテンツ作りが最も重要であると公言しています。専門性やオリジナリティがあり読みやすく利便性の高いコンテンツ作りが求められます

 

 

ですのでリライトする際もユーザーファーストを意識したリライトを心掛けなければなりません

 

 

競合を分析する

検索結果の2〜3ページ目にはいるけれどそこから一向に順位が上がらない場合は、上位表示されているサイトを分析してみましょう

 

 

「悩みの答えが足りない」「コンテンツのボリュームが少ない」「独自性が少ない」などの差が見えてきます

 

 

それらを上位表示のサイトを参考にして見直していくとユーザーの検索意図を満たすコンテンツ内容となっていくはずです

 

 

 

タイトルキーワードの変更

検索順位が上がらない場合はタイトルのキーワードを見直しをしてみましょう

 

 

キーワード選定は検索順位を決める上で重要な要素となります。キーワードの組み合わせ方や区切り方、左詰めでどう表現できるかを考えます

 

 

同時に内容も具体性や簡便性、クリックを誘うタイトルの付け方というのも意識すると良いですね

 

 

 

読みやすい記事の作成

ユーザーにとって分かりやすい記事、読みやすい記事を書くというのは大事なポイントです

 

 

専門用語ばかりで理解しにくい、装飾や改行がなくて読みにくい、などユーザーの離脱に繋がる要素はできるだけ排除していきたいですね

 

 

 

内部リンクを設置

ユーザーへの利便性やクローラビリティを考えると記事の公開後に必ず設置しなければならない内部リンク

 

 

新たに増えた記事の内部リンクを設置して動線を作ります。内部リンクを設置することでブログ内の回遊率を上げていき、ユーザーの滞在時間を確保していきましょう

 

 

 

h2見出しにキーワードを入れる

タイトルだけではなくh2見出しにもキーワードを入れましょう

 

 

サジェストキーワードのボリュームの多いキーワードを見て検索してみると、実際にはタイトルには含まれていないキーワードが多く見受けられます

 

 

それらは見出しや本文からキーワードが拾われているので、h2見出しにもキーワードを入れた方が上位に表示される可能性が高まります

 

 

 

最新情報日付の更新

記事を読む前にユーザーが必ずチェックしているのが記事の更新日

 

 

2〜3年前に更新された記事だと内容によっては信憑性に欠けますし、検索結果にも古い日付が表示されているとその時点でクリックもさられず機会損失を招いてしまいます

 

 

ですので、できるだけ更新日は把握して定期的に更新させておきましょう

 

 

リライトの効果を分析するツール

単にリライトを行っただけでは改善したとは言えません。行った内容に対して結果がどう結び付いたのかを分析し次に繋げることが大切です

 

 

分析する内容は次の3つ

  • クリック率を分析
  • 滞在時間を分析
  • 検索順位を分析

 

 

サーチコンソールでCTRを分析

タイトルのクリック率(CTR)を確認する場合は、サーチコンソールの平均CTRにチェックを入れると確認することができます

 

 

CTRが低い場合は、タイトルやディスクリプションを最適化するとクリック率の改善が期待できます

 

 

 

アナリティクスで滞在時間を分析

滞在時間や直帰率などのユーザーの行動を確認する場合は、アナリティクスの「行動」より確認することができます 

 

 

滞在時間を改善したい場合は、読みやすさや導入文を見直してみると良いでしょう

 

 

 

GRCで順位の変動を分析

検索順位を確認したい場合は、検索順位チェックツールのGRCで確認することができます

 

 

月に450円ほどで利用できる非常に優れたツールです

稼いでいる人は使っているGRC←詳細はこちら

 

 

 

まとめ

以上、ブログ記事のリライト方法をご紹介しました

 

リライトした際は必ずURL検査を行いインデックス登録をリクエストしておきましょう

 

 

 

おすすめの記事